言うたやろ!

2014年03月20日

「言うたやろ!」あるいは
「言うてたやろ!」というお叱りが
ご相談を受けた相手の方から、たまに、あります。
承ったご用件の返事を申し上げに行った場面でのお叱りです。
このお叱りは、
「オレの話を抜かりなく聞いてたんか!」あるいは
「オレの話をいい加減に聞いたやろ!」という意味です。
このお叱りに対して、
「そんなことは、決してありません」と言いたいところですが、
相手の方が、そう受け止められてしまっている状況では、
相手の方にとっては、その場逃れでしかありません。
……常々、
「自分の答えを用意して、人の話を聴くな」
このことを、自身に言い聞かせているつもりですが
「つもりでしかなかった」ことを突きつけられるわけです。
私の方でも、
「あっ、コイツ、オレの話を半分も聞いていないな」と
会話をしながら思う時があるくらいですから、
私が、お叱りを受けた方を責めるのは、
不遜というものなのでしょう。
会話には、
その言葉に至るまでの経緯や
その言葉に込めた思いや願いが
その背景にいっぱい詰まっているわけで、
相手の言葉を、
自分の経験則や自分の解釈で理解していることを
それこそ、たまに、
相手の方のお怒りで
気づき、そして、戒めることになります。


20140320-231950.jpg