滋賀の教育…

2014年02月26日

来たる3月3日(月)、
この2月議会の一般質問、
通告『これからの滋賀の教育について』で登壇します。
その原稿のさわりを紹介!
「……国が関与を強める〈教育委員会制度の見直し案〉がほぼ固まり、
この3月にも〈地方教育行政法〉などの関連法案が、
今国会に提案される模様です。
このことについては、
戦前・戦中教育の反省の上に立った〈教育委員会の中立性〉が、
なし崩しにならないか、
危惧しています。
また、〈全国学力・学習状況調査〉の結果発表については、
それを市町村別や学校別で行うことが
可能となりました。
*「されてしまいました」と、言いたいところ。
かつて、
1976年〈旭川学テ判決〉において、
「公表しないから」教育に対する「不当な支配」には当たらない、と
されたこととの関連が、今後、問われることになろうかと
思います。……(……あと少し事案を例示)」
この後、
「滋賀の教育にも、こうした〈安倍教育改革〉の動きが
及んでくることについて、知事の所見を伺います」と、
ひとつ目の質問を締めます(の予定です)。
*あと、滋賀県内のことに絞って、5問を予定。
当日(3月3日)、夜10時から、
びわ湖放送で、ダイジェスト放映があります。
覚えておられたら、
是非とも!ご覧ください!


20140226-221151.jpg