引き継ぐ

2015年11月14日

引き継ぐ……。あるいは、受け継ぐ……。
文化・伝統の承継(引き継ぐ)について、ふたつの地元行事を紹介します。

ひとつは、「芳洲先生・子どもミュージカル」。
小生の母校、長浜市立富永小学校の児童全員(約90名)と、
学区有志の応援合唱団(約20名)による堂々たるパフォーマンス。
「芳洲先生」とは、江戸時代、日本が鎖国状況にあった中で、
「対馬」の地で、朝鮮との外交に当たった儒学者。
小生の住まう集落「雨森」で生まれた「雨森芳洲」のこと。
「争わず、欺かず」=「誠心の交」の芳洲哲学は、今の時代、輝きを放っています。
で、その「芳洲先生」の生い立ちと生きざまを、ミュージカルで今日!

もうひとつは、「金居原・太鼓踊り」。
滋賀県無形民族文化財て、5年ぶりのお披露目!
ところは、長浜市木之本町金居原(岐阜県境がもうすぐの秘境=過疎地)。
今日は、村(集落)の衆、総出のビックイベントでした。
一時は200世帯の「金居原」も、今は60世帯なんや……と村の衆。
ご婦人方も「練習してたんよ」と、心意気の踊りをご披露。
先ほどから、往時を思い出してか、若い衆に文句の多いおじいちゃん、
踊り出したわぁ~。いいぞ。いいぞ。










20151114-223738.jpg

20151115-124614.jpg

20151115-124629.jpg